HOME > コラム > 早稲田受験の後のことを想像しよう

早稲田受験の後のことを想像しよう

最近は「大学受験が終わったら、気が抜けてしまう」という、大学生のアパシー(無気力状態)について、広く知られるようになっています。

このことは「大学受験=ゴール」と考えている人が多すぎることの、現れでしょう。「いい大学からいい就職口を見つけ、終身雇用されて一生が安泰」という流れは、壊れてきています。

早稲田受験は、その後に続く人生のための一つのステップなのです。早稲田受験がすんだら、今までのような「周りがある程度、決めてくれる」という生活ではなくなり、「自分で選べることが格段に増える」という生活が始まります。

早稲田受験は経済的に裕福な人ばかりがするのではなく、生活のため、学費のためにアルバイトをしながら大学に通う、という人もいますし、社会人として働いていた人が、再び大学で学びたいとして、入学してくるケースもあります。

大学というのは、「通いさえすればよい」ところではなく「学ぼうと思えば、たくさんのものを学べる空間」と捉えることが、その後の人生を大きく変えます。早稲田受験のモチベーションが下がりそうになったら、早稲田大学(建物だけでも)を見に行くことや、オープンキャンパスなども行われていますので、それに参加するなど、大学での生活を想像できることを、試してみましょう。

特に、早稲田受験を考える人向けのオープンキャンパスは人気が高く、高校の修学旅行の一環として参加する学校もあるそうです。

早稲田大学で何を学び、研究するのかを短時間ではありますが、実際に経験できたり、大学生がどういう生活をしているのかを、直に感じることのできる機会があります。是非とも参加してみてください。

学参ブックス

コラム

サンプル文言枠